気をつけ

きをつけから転送)

日本語編集

感動詞編集

をつけ【「つけ」は、しばしば「け」】

  1. 直立不動の姿勢を取らせる号令
    • 愚助は蒲団の中で眼を閉ぢてゐますと、どこかで、「気をつけ右向け右、前へおい。」と、いふ号令の声が聞えました。(沖野岩三郎 『愚助大和尚』)

語源編集

翻訳編集

名詞編集

をつけ【「つけ」は、しばしば「け」】

  1. 直立不動の姿勢。
    • ひとり写真をながめて笑っているところへ、本校の校長先生がきた。その声をきくと、こんどは大石先生のほうが、思わず気をつけのようになって玄関に出ていった。(坪井栄二十四の瞳』)

語源編集

  • 間投詞の転用。