古典日本語編集

語源編集

みを」(水脈) + 上代の格助詞「」 + 「くし」(串)

名詞編集

みをつくし

  1. 澪標みおつくし
    • 「みをつくし」は「身を尽くす(身を滅ぼす)」との掛詞となっている。

諸言語への影響編集