もたす も参照。

日本語編集

語源編集

古典日本語「もだす」 < 「もだ

動詞編集

もだすす】

  1. 黙っている。
    • その最後の時のために、逸り猛つてくるものをぢつと引き締め、溢れ來る感情をひた押しに押さへてただもだしてゐるのである。(島木健作『一過程』)
    • 私は進み出て、もだし難いこの心を貴方がたに話し掛けよう。(柳宗悦『朝鮮の友に贈る書』)
  2. 何もせず放っておく。
    • 自分は嘘をつくのは嫌だ。神さまにすまない。しかし主命もだしがたしでやむをえず嘘をついた。(夏目漱石『倫敦消息』)

活用編集

もだ-す 動詞活用表日本語の活用
サ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
もだ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 もださない 未然形 + ない
意志・勧誘 もだそう 未然形音便 +
丁寧 もだします 連用形 + ます
過去・完了・状態 もだした 連用形音便 +
言い切り もだす 終止形のみ
名詞化 もだすこと 連体形 + こと
仮定条件 もだせば 仮定形 +
命令 もだせ 命令形のみ

発音(?)編集

東京アクセント編集
も↗だ↘す
京阪アクセント編集
もだ↗す

古典日本語編集

語源編集

もだ

発音(連体形)編集

四拍動詞三類

も↗だする

動詞編集

もだすす】

  1. だまっている。沈黙する。
もだ-す 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
もだ する すれ せよ