漢字編集

字源編集

  • 指事、物が基準の下にある様を表す。
             

 

 
金文

金文 金文 簡帛文字 簡牘文字 古文

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. した
  2. さげる
  3. さがるおりる
  4. ひくい
  5. 順序があとに来る
  6. 全体から見て、後にくる期間
  7. くだす、命令を出す
  8. 影響を受ける立場
    • 影響下、傘下、門下生
  • 対義字:

日本語編集

発音編集

名詞編集

  1. したしももと方向
  2. したしももと重力作用する空間において、重力により引き寄せられる方向。
  3. もと】法令などの影響がおよぶ範囲。
  4. したしももと命令などの強制力を受ける側。従う側。
  5. 】成績評価で、劣っている状態。
    • 対義語 : (優れている状態)、(優劣のどちらとも言い難い状態)
    • 成績は中のですね。(「平均よりいくぶん劣っている」という意味合い)
  6. 【ゲ】 大規模な文章や書籍などで、終わり中の方の部分。
    • 対義語 : (はじめの方の部分)、(中の方の部分)
  7. した】あらかじめ用意する。
    • 下拵え / 下調べ / 下見
  8. (仏教) 凹形。六境ろっきょう十二処じゅうにしょ)のひとつであるしき(「視覚の対象」のこと)を構成する20種類の属性のひとつ(ウィキペディア「色 (仏教)」も参照)。

接尾辞編集

  1. 【カ】 その効力や支配の及ぶ状態にあること。
    • 戒厳令下。戦時下。支配下。管轄下。県下。占領下。
  2. 【カ】 それよりも下層にある部分。
    • 意識下。閾下。形而下。水面下。

手書きの字形について編集

3画目の書き方について「どこにも接していない」と指導する副読本が存在する[1]が、どちらでもよい[2]。東京書籍が1977年秋に自社の教科書体を修正するに当たり、「下」の字形を同年7月23日付の官報通りに修正しており[3]、この活字の修正を手書きにも適用するものと思ったのだろう。

熟語編集

成句編集


中国語編集

発音編集

動詞編集

  1. くだる、りる。
  2. 退場する。
  3. (雨・雪などが)
  4. (ある場所に)く。
  5. れる、投入する。
  6. (学校・勤めなどが)わる。
  7. はずす。
  8. 使つかう、ついやす。
  9. (命令・決断などを)くだす、する。
  10. 滞在する
  11. ゆずる、譲歩する。
  12. (囲碁・将棋を)つ。
  13. (動物が)む。

形容詞編集

  1. つぎの。

方位詞編集

  1. (方向・位置)~の

量詞編集

  1. 動作の回数。
  2. 技能・腕前などを表す量詞。

熟語編集


朝鮮語編集

*

名詞編集

  1. 下位品質等級

熟語: 朝鮮語編集


ベトナム語編集

*

動詞編集

  1. げる。

コード等編集

点字編集


脚注編集

  1. 『学習漢字996の読み方・書き方』初版 p.29 小学館 1978年5月、『小学学習漢字の正しい書き方』p.22 旺文社 1978年4月
  2. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.91,123 2016年2月29日 文化庁
  3. 『教科書体変遷史』p.129 板倉雅宣 東京書籍(2003年)