漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「」+音符「」、もとは「且」のみで、台の上に物を重ねるさまを意味、後に「かつ」の意義に転義したため、やはり、物を重ねるという意味を持つ「仌」を添えた。
 

 

 

 
金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. 供物を並べるための台。
  2. まないた

日本語編集

発音編集

熟語編集

中国語編集

*

熟語編集

朝鮮語編集

*

熟語編集

コード等編集