漢字編集

字源編集

  • 甲骨文字の「权」は木を植える様子を象る象形文字。「植える」を意味する漢語{樹 /*dos/}を表す字。「权」に音符「 /*TO/」を加えて「」となり、「尌」に「」を加えて「樹」となった。[字源 1]
  • 会意形声、「」+ 音符「」。「」は「」(太鼓の象形) と「」(手を広げた様子の象形) を合わせた字で、太鼓を台に「たてる」こと。これに「木」を合わせて、「立ち木」や、木のように物事を「うちたてる」こと。この記述は甲骨文字金文などの資料と一致していない記述が含まれていたり根拠のない憶測に基づいていたりするためコンセンサスを得られていない。
  1. 何琳儀 『戦国古文字典』 中華書局、1998年、372頁。
    裘錫圭 「釈“尌”」 『竜宇純先生七秩晋五寿慶論文集』 学生書局、2002年、189-194頁。
    禤健聡 『戦国楚系簡帛用字習慣研究』 科学出版社、2017年、300-301頁。
    何余華 「出土文献{樹}的用字差異与断代価値論考」 『漢字漢語研究』2019年第3期 106-115頁。

意義編集

  1. たちぎ
  2. たてるうちたてる

日本語編集

発音(?)編集


熟語編集

手書きの字形について編集

  • 構成要素「士」の第1画と第3画の横画の長短は問わない。「士」のように書いても、「土」のように書いても、同じ長さで書いてもよい。[1]

中国語編集

*

名詞編集

  1. 木本の植物

人名編集

  1. 中国人ののひとつ。

熟語編集

朝鮮語編集

*

熟語編集

ベトナム語編集

*

名詞編集

  1. 樹木

コード等編集

点字編集

脚注編集