漢字編集

字源編集

  • 象形。下に向けた手の形から。元は「つかむ」のみの意で、「つめ」には「叉」に点を打った文字(「掻」のの上部)があったが、後代に「つめ」の意も含むようになった。
   

 

 
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義編集

  1. 物をつかむ
  2. つめ

日本語編集

発音編集

名詞編集

  1. つめ)。手足の指先の皮膚角質化し硬くなった部分。

熟語編集


中国語編集

名詞編集

(zhǎo)

  1. つめ人間動物のつめ。
  2. 器物あし
  3. 部首のひとつ。爪部

熟語編集


朝鮮語編集


ベトナム語編集

*


コード等編集