「njogu」の版間の差分

→‎{{pron|ki}}: 記述にテンプレートを適用。
(→‎{{pron|ki}}: 声調あるいはアクセントの情報を追加。)
(→‎{{pron|ki}}: 記述にテンプレートを適用。)
==={{pron|ki}}===
* {{IPA|<sup>n</sup>dʑɔɣu}}
: {{ki-tonal classes|1|2-1}}
: Armstrong (1940) では {{l|ki|mũndũ}} を始めとした {{l|ki|huko}}、{{l|ki|ndigiri}}、{{l|ki|njagathi}}、{{l|ki|rũũĩ}}〈蜘蛛の巣〉などと同じ声調クラスに分類されている<ref name="lea1940">Armstrong, Lilias E. ([http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA38907313 1940]). ''The Phonetic and Tonal Structure of Kikuyu''. Rep. [http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA01768628 1967]. (Also in [https://books.google.co.jp/books?id=4r02DwAAQBAJ&dq=Kikuyu+yesterday+Before&hl=ja&source=gbs_navlinks_s 2018] by Routledge).</ref>。Benson (1964) では声調クラスの分類はクラス1で、他に同クラスで語幹が2音節の語には {{l|ki|gĩteke}}、{{l|ki|ndaka}}、{{l|ki|kĩama}} がある<ref>{{R:Benson1964}}</ref>。
*〔キアンブ方言〕
:*〔リムル方言〕{{ki-アクセントの型|低I型}}