「njagĩ」の版間の差分

→‎{{pron|ki}}: 基底形の超分節音素の反映等。
(単語項目の新規作成: キクユ語名詞)
 
(→‎{{pron|ki}}: 基底形の超分節音素の反映等。)
 
==={{pron|ki}}===
* {{IPA|<sup>nɲ</sup>dʑaɣedʑàɣě}}
: Armstrong (1940:49,206,210) によると孤立形の声調パターンは「中中」であるが、前に {{l|ki|nĩ}} が置かれて {{Lang|ki|Nĩ njagĩ.}}「シマウマである。」と言い切る場合は {{Lang|ki|nĩ}} を含めて「高、高、低めかつ昇/中かつ昇」、前に {{l|ki|ti}} が置かれて {{Lang|ki|Ti njagĩ.}}「シマウマではない。」と言い切る場合は ti を含めて「高、高、低め/中」となるなど前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによって声調の変動が見られる。Benson (1964:xxii&ndash;xxiii) にも孤立形や前に {{Unicode|nĩ}} や ti がある場合の声調パターンが示されているが、アームストロングによるものとほぼ同一である。{{ki-tonal classes|2|2-2|del={{PAGENAME}}}}