「感」の版間の差分

サイズ変更なし 、 3 年前
#('''カン''')[[ものごと|物事]]を[[みる|見]]たり[[きく|聞い]]たりして[[心が動く]]こと。
#('''カン''')[[みずから|自ら]]の[[意思]]に[[かかわる|関わら]]ず、[[自然]]と[[認識]]されること又はそのような認識。
#:*この点においてこの映画の創作者ルーバン・マムーリアンは一つの道楽をしてひとりで悦に入っている'''感'''がある。([[w:寺田寅彦|寺田寅彦]] 『音楽的映画としての「ラヴ・ミ・トゥナイト」』)
==={{verb}}===
{{上一段化}}
#('''カン''')[[外界]]からの[[刺激]]を[[感覚器官]]を[[とおす|通し]]て[[知覚]]する。
#:*喉の渇きを'''感じる'''。
#:*暑さを'''感じる'''。
#('''カン''')物事に対して[[こころ|心]]の[[なか|中]]にある[[感情]]や[[きもち|気持ち]]を[[あらわす|表す]]。
#:*私は電車に乗ると異状な興奮を'''感ずる'''。([[w:高村光太郎|高村光太郎]] 『人の首』)
#:*名人になると全身に鉄を'''感じる'''作用がそなわるから、後を見なくても敵の刀の位置がわかるのである。([[w:坂口安吾|坂口安吾]] 『落語・教祖列伝 飛燕流開祖』)
#('''カン''')心を[[ふかい|深く]][[うごく|動か]]される。
#('''カン''')[[病気]]に[[感染]]する。
86,910

回編集