「まずしい」の版間の差分

(→‎訳語: ポーランド語)
'''まずしい'''【[[貧]]しい】
# [[収入]]がすくなく[[生活]]が[[きびしい|厳しい]]。お金がない。[[貧乏]]だ。
#:* 俺だって'''まずしい'''なりに生活がある。
# [[たりない]]様子。[[貧弱]]だ。{{おくりがな|乏|しい|とぼしい}}。
#:* 英語を話すのに語彙が'''まずしい'''んじゃお話にならない。
#(「[[こころ]]」などを受けて)
##[[偏狭]]である。[[寛大]]でなく、[[視野]]が狭い。
##:*いったい日本では、中等学校以上の学校で、職員会議の内容が生徒につつぬけにならない場合は極めてまれなのであるが、それは、生徒に会議の秘密でも洩らさなければ安心して教室に出られないほど、頭と'''心の貧しい'''先生たちや、学校の中で[[御殿女中]]式の勢力争いでもやっていなけれは[[人生]]は面白くない、と心得ているような先生たちが、かなり多数だからである。([[w:下村湖人|下村湖人]]『[[w:次郎物語|次郎物語]]』)
##精神的な[[満足]]を得ない。
##:*されば馬太(またい)の御経にも記いた如く「'''心の貧しい'''ものは仕合せぢや。[[一定]]天国はその人のものとならうずる。」([[w:芥川龍之介|芥川龍之介]]『きりしとほろ上人伝』における『[[w:マタイによる福音書|マタイによる福音書]]』の引用)
 
====活用====
86,910

回編集