「一度」の版間の差分

'''[[一]] [[度]]'''(いちど)
#(「[[ひとたび]]」とも)[[一回]]。
#*この木は[[世界]]の夜明[[以来]]、一万年に'''一度'''花を開き、一万年に'''一度'''実をつけていた。(芥川龍之介『桃太郎
#*だが、私は今まで'''一度'''だつて、[[政治家]]になつたことはないし、なりたかつた事もないのだ。(葉山嘉樹『氷雨』)
#*[[一同]]が茶の間に集まってがやがやと今日の[[見聞]]を今'''一度'''繰返して話合うのであった。(国木田独歩『竹の木戸』)
#*程なく[[返事]]が來て、心當りの家があるから'''一度'''見に來る樣にとの事であつた。(若山牧水『樹木とその葉 木槿の花』)
#(副詞的に)いったん。
#*然し'''一度'''足を踏み入れたら、もう二度とそれを拔かしめないのが、都會と呼ばるる[[文明]]の泥澤の有つてゐる[[不可思議]]の一つである。(石川啄木『田園の思慕
#*彼等も嘗て'''一度'''は都會の思慕者であつたのである。(石川啄木『田園の思慕
#(「一度に」の形で)複数のことがらを同時に行うさま。いちどきに。
#*そうして'''一度'''訪うた者は、その後必ず[[訪問]]した。(国枝史郎『名古屋の小酒井不木氏』)
#*「…。何でも好きなものの振り出せる打出の小槌という宝物さえある。」/「ではその打出の小槌から、幾つもまた打出の小槌を振り出せば、一度に何でも手にはいる訣ですね。…」(芥川龍之介『桃太郎」)
#*じゃ、きっと彼女は着物でも着換る為に、'''一度'''家に帰ったのだろう。(江戸川乱歩『算盤が恋を語る話』)
#(「一度は」の形で)以前にはそういう時期もあって。
#あるとき。
#*彼等も嘗て一度は都會の思慕者であつたのである。(石川啄木『田園の思慕」)
#*あちこちが隙間だらけなので、鶏でも猫でも犬でも[[自由]]に通れる。(略)'''一度'''などは、馬が[[通過]]したこともあった。(梅崎春生『庭の眺め』)
#(「一度に」の形で)[[複数]]のことがらを[[同時]]に行うさま。いちどきに。
#*「…。何でも好きなものの振り出せる打出の小槌という宝物さえある。」/「ではその打出の小槌から、幾つもまた打出の小槌を振り出せば、'''一度'''に何でも手にはいる訣ですね。…」(芥川龍之介『桃太郎
# [[温度]]、[[角度]]を表す単位「[[度]]」一つ分の[[おおきさ|大きさ]]。
#(音楽)[[楽譜]]上、同じ[[たかさ|高さ]]に書かれる2つの[[音]]の[[音程]]。[[同度]]。
10,503

回編集