「おいめ」の版間の差分

編集の要約なし
 
[[category:日本語 {{noun}}]]
'''[[負]] い [[目]]'''(おいめ)
#[[過去]]に[[自分]]が[[世話]]になったり、傷つけてしまったりした[[ひと|人]]に[[たいする|対して]]、それに自分が[[むくう|報い]]なければならないという[[おもい#{{noun}}|思い]]。
#*[[貴方]]は、あの[[おんな|女]]の方に、何か'''負目'''がおありになるンぢやありません。 (林芙美子『浮雲』)〔1949年〕
#[[ひけめ|引け目負債]]。[[借金]]。
 
===={{rel}}====
10,453

回編集