「よい」の版間の差分

編集の要約なし
'''よい'''【[[良]]い、[[善]]い、[[好]]い、[[吉]]い、[[佳]]い】
#[[ものごと|物事]]が[[のぞましい|望ましい]][[状態]]であるさま。
#行うことが[[可能]]である。[[許容]]される。[[不要]]である。
#*ちょっと手伝ってもらって'''よい'''かな?
#[[不要]]である。
#*その話はもう'''よい'''。
#([[年齢]]について)[[ものごと|物事]]の[[分別]]を[[わきまえる]]ことが[[できる]]であろう、[[ある程度]][[以上]]に[[達]]しているさま。それなりだ
#*角平が二十六。弁内が二十四。どッちも'''良い'''歳だ。([[w:坂口安吾|坂口安吾]]『明治開化 安吾捕物』)〔1952年〕<ref>青空文庫(2006年5月23日作成、2017年5月25日修正)(底本:「坂口安吾全集 10」筑摩書房、1998年11月20日初版第1刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43219_23311.html 2018年3月10日参照。</ref>
#*私の喜びは直ぐ苦笑に変った。'''よい'''年をして、全く性懲りもない話である。私はその執念の深さに呆れ返った。([[w:外村繁|外村繁]]『落日の光景』)〔1960年〕<ref>青空文庫(2013年10月13日作成)(底本:「澪標・落日の光景」講談社文芸文庫、講談社、1992年6月10日第1刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/001499/files/51279_51588.html 2018年3月10日参照。</ref>
#[[めでたい]]
#(反語的に)[[ひどい]]
#*またこの葉をよく揉んで糸のさきに結わえ、田の中を持ちあるいて蛙を釣る遊びなどは、あんまり面白いので親になってからも、私はこれを試みて子どもに見せたことがある。(中略)今考えると蛙こそ'''よい'''迷惑であった。([[w:柳田國男|柳田國男]]『野草雑記』)〔1939年〕<ref>青空文庫(2013年5月5日作成)(底本:「野草雑記・野鳥雑記」岩波文庫、岩波書店、2011年1月14日第1刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/001566/files/52945_50715.html 2018年6月2日参照。</ref>
#(補助形容詞)[[うつくしい]]。[[こころよい]]。
#*見'''よい'''。聞き'''よい'''。
#(補助形容詞)(古風、方言)[[容易]]だ。し[[やすい]]。
#*フィンランドは、世界中で、一番生活のし'''よい'''処だということであった。(小川未明「北と南に憧がれる心」)
====活用====
{{日本語活用|よ|かろ|かっ<br>く|い|い|けれ|○|口語}}
'''よい'''
#(終助詞)人名のあとにつけて、人を呼ぶときに用いる。
 
----
=== 感動詞 ===
[[カテゴリ:{{jpn}} 感動詞]]
'''よい'''
#(古、方言)人を呼ぶときに用いる。[[おい]]。
#(方言)困ったときに用いる。[[やれやれ]]。
 
----
==={{homonym}}===