「物品」の版間の差分

(部分修正)
 
#[[カプセル]]に入れられるか包装された物質と包装(カプセル)そのもの全体を指す。[この定義は国土交通省海事局検査測定課が公表した「物質の危険性評価の試験方法および判定基準」(平成10年7月8日付け海査339号)の記述に基づく。]
#米国危険有害性周知基準におけるArticle<ref>米国危険有害性周知基準_1910.1200(b)(6)(iv) https://www.osha.gov/laws-regs/standardinterpretations/1993-01-27 | accessdate 2019-10-25</ref>の訳語としての物品<ref>GHS ver. 7 日本政府仮訳 §1.3.2.1.1 http://www.env.go.jp/chemi/chemi/ghs/attach/unece_ghs_rev07_ja.pdf accessdate 2019-10-25</ref>: 「物品」とは、製造した品物で、(i)具体的な形やデザインを製造過程で与えられたもので、(ii) 最終使用段階でその形やデザインの全体又は一部によって最終使用の機能を発揮し、(iii)正常な使用条件下では危険有害な化学物質を放出したり、それに対する暴露が起こらないようなものである。
#[[意匠]]法上の物品とは、[[有体物]]であり、[[動産]]である。<ref>特許庁 意匠制度の概要 https://www.jpo.go.jp/news/shinchaku/event/seminer/text/document/h30_syosinsya/1_2_3.pdf </ref>
===={{pron|jpn}}====
;ぶっ↗ぴん
14

回編集