「目的格」の版間の差分

→‎{{noun}}: 用例です。
(ボットによる: 古い言語間リンクを掃除)
(→‎{{noun}}: 用例です。)
{{jachar|目的|格}}(もくてきかく)
# 文中において、[[直接]]・[[間接]]を問わず、動詞の表す動作を行われる[[対象]]のもの、または作用・性質が働く対象のものをあらわす[[格]]。[[賓格]]。 ≒ [[対格]] ⇔ [[主格]]。
#*[[I]]の'''目的格'''は[[me]]だ。
# [[直接目的語]]・[[間接目的語]]([[補語]])をあらわす[[格]]。
===={{pron|jpn}}====
100

回編集