「べし」の版間の差分

(→‎助動詞: 古語: sample +1)
==== 助動詞: 現代語 ====
[[Category:{{jpn}} 助動詞]]
# 他に強制する意味を表す。義務。至当性命令
#* 社長は、計画を実行す(る)'''べし'''と仰った。
#* 一刻も早く撤去す(る)'''べき'''です。
#* もっと勉強しとく'''べき'''だった。
# (打消形で)[[禁止]]の意味を表す。
#* 芝生に立ち入る'''べから'''[[ず]]。
# 義務。至当性。
#* 一刻も早く撤去す(る)'''べき'''です。
#* もっと勉強しとく'''べき'''だった。
# [[必然]]的な[[なりゆき]]を表す。
#* 然る'''べき'''時に行くことになるだろう。
#* この事件は起こる'''べく'''して起きた。
#* 恐る'''べき'''人物だ。
# ふさわしいこと、値することを表す。妥当性。
#* この件を相談す'''べき'''人が見つからない。
#* 恐る'''べき'''人物だ。
# 目的や目標を表す。
#* 販売ノルマを達成す'''べく'''全力を挙げる。
===== {{rel}} =====
*[[しかるべき]]、[[しかるべく]]
*[[なるべく]]
 
{{DEFAULTSORT:へし べし}}