「示」の版間の差分

===字源===
* <!-- [[象形文字|象形]]』、『[[指事文字|指事]]』、『[[会意文字|会意]]』、『[[形声文字|形声]]』、『[[会意形声文字|会意形声]]』。-->
 
**上の「一」はものを、下部はものを乗せる高杯の象であり、高杯にものを乗せて「示す」というのが、現在最も有力な
 説である。これに関連して、「不」は高杯の上にものが無いので「あらず」の意とされる。他説に、「示」は「光」の変 字だとするものがあるが、説得力に乏しい。
 
===意義===
#
匿名利用者