「納得」の版間の差分

編集の要約なし
=={{ja-DEFAULTSORT}}==
===={{pronL|jpnja}}====
[[Category:{{ja}}|なつとく]]
==={{pron}}===
{{jachars}}([[ja-pron|なっとく]])|=0}}
{{ja-accent-common|region=京阪|h||なっとく}}
==={{noun}}===
[[Category:{{ja}}_{{-noun}}-suru|[[とく]]}}
[[Category:{{ja}}_{{noun}}_サ変動詞|なつとく]]
{{jachars}}([[なっとく]])
#[[他人]]の[[かんがえ|考え]]や[[行動]]、あるいは自身を含む[[事情]]などをよく[[理解]]し、[[もっとも|尤も]]だと[[みとめる|認める]]こと。
#*「多分誤解はないつもりですが、もし私の今御話したうちに、判然(はっきり)しないところがあるなら、どうぞ私宅まで来て下さい。できるだけあなたがたに御納得の行くように説明して上げるつもりですから」(夏目漱石「硝子戸の中」)
#*私も、既に四十ちかくに成りますが、未だ一つも自身に納得の行くような、安心の作品を書いて居りませんし、(太宰治「風の便り」)
#([[のうとく]]){{context|Buddhism|lang=ja}}他のものを受け入れて自己のものとすること。
===={{pron|jpn}}====
;な↗っとく
 
==={{verb}}===
{{inf-ja||日本語||納得|する|なつとく活用}}
 
----
 
=={{L|ko}}==
[[Category:{{ko}}|납득]]
==={{noun}}===
195,682

回編集