「Wiktionary:投稿ブロックの方針」の版間の差分

明確化
(→‎方針: 表現の統一)
(明確化)
**即時ブロックの際の警告は、ブロック時の理由の記載をもってかえることができます。
**ブロックの期限は24時間以内、1週間以内、15日以内、1ヶ月以内、3ヶ月以内、1年以内を目安とし、対話の進展、被害の重大さ、これまでのブロック歴などに応じて、適時選択します。
**通常のブロックにおいては、依頼者または議論の参加者がブロック期間を提案し、合意がある場合にそれを裁量するものとします。ブロックそのものについて合意がなされ、なおかつ期間については合意のない場合、管理者は提案済の期間のうちから、議論からみて適切と思われる期間のブロックを設定することができます。通常のブロックについての議論は[[Wiktionary:投稿ブロック依頼]]で行います。
**他のユーザに法的な危害を加えることを図るユーザ、システムに甚大な損害を与えることをはかるユーザ、過去に1ヶ月を超えるブロックを複数回受けたことのあるユーザには、無期限のブロックを課することができます。
**24時間以内に、同一ユーザが同一ページを3回差し戻した場合は24時間の投稿ブロックの対象とする。複数の差し戻しの間に対象ユーザが有意な編集を行なっている場合でも、これを適用する。ただし、差し戻しの対象が、即時削除の対象となる明らかな荒らし行為ないし類似の内容の編集である場合には、これを適用しません。
505

回編集