「さかい」の版間の差分

(→‎{{conj}}:  関西弁といえば織田作之助)
{{inf-ja||サ|変|さかい|する}}
 
==={{conj}}助詞===
[[Category:{{jpn}} {{conj}}助詞]]
[[Category:{{jpn}} 方言]]
# (接続助詞 方言、主に関西)~[[から]]、[[だから]]
#:そんな[[亭主]]を持ち、[[細君]]は死ぬまで[[将棋]]を呪うて来たが、けれど十年前いよいよ息を引き取るといふ時「あんたは将棋がいのちや'''さかい'''、まかり間違うても[[阿呆]]な将棋は指しなはんなや。」と言つた。この詞にはげまされて十年、そしていま将棋指しとしての一生を賭けた将棋を指さうとして、坂田のたつた一つの心残りは、わいもこんな将棋指しになつたぜと細君に言つてきかせられないことではなからうか。([[w:織田作之助|織田作之助]]『聴雨』)