「益する」の版間の差分

編集の要約なし
(ページの作成:「{{DEFAULTSORT:えきする}} =={{ja}}== ==={{verb}}=== {{ja-verb-suru|えき}} #{{タグ|ja|自動詞|他動詞|文章語}}(「~に益する」の形または「~を益する」の形で)~にとって役に立つ。~にとって利益となる。 #*1872年、福沢諭吉「学問のすすめ」<ref>青空文庫(2008年1月14日作成、2014年4月28日修正)(底本:「日本の名著 33 福沢諭吉」中公バックス、中央公…」)
 
編集の要約なし
{{ja-DEFAULTSORT:|えきする}}
=={{L|ja}}==
 
==={{verb}}===
{{ja-verb-suru|えきする}}
#{{タグ|ja|自動詞|他動詞|文章語}}(「~に益する」の形または「~を益する」の形で)~にとって[[役に立つ]]。~にとって[[利益]]となる。
#*1872年、福沢諭吉「学問のすすめ」<ref>青空文庫(2008年1月14日作成、2014年4月28日修正)(底本:「日本の名著 33 福沢諭吉」中公バックス、中央公論社、1984(昭和59)年7月20日初版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/47061_29420.html</ref>