「臥薪嘗胆」の版間の差分

編集の要約なし
# 悔しさを堪えて再起を期すること。
#:「薪に臥し胆を嘗める。」
なお、[[日清]][[戦争]]後の[[流行語]]となった。これは、[[当時]][[勝利]]したにもかかわらず三国[[干渉]]により、遼東[[半島]]を手放さなければならず、日本政府や[[マスコミ]]が、「臥薪嘗胆」を合言葉に国威発揚を行ったことによる。
 
==== 出典 ====
匿名利用者