「いのしし」の版間の差分

編集の要約なし
(意味、十二支の一つ。)
[[Category:{{jpn}}_動物]]
[[Category:{{jpn}}_季語 秋]]
'''いのしし'''【[[猪]]、[[豬]]、[[野猪]] 歴史的仮名遣い:ゐのしし
 
#[[ウシ目]]([[偶蹄目]])イノシシ科に属する[[動物]]の総称。ペッカリー科も含めていう場合もある。[[子供]]は{{ふりがな|瓜|うり}}の様なので[[うりぼう|瓜坊]]や[[うりこ|瓜子]]という。また、[[にく|肉]]を[[牡丹]]という。
#[[十二支]]の一つ。[[い]]、[[亥]]を参照。
 
===={{etym}}====
元は、「ゐのしし」。「ゐ」のみで猪を意味していたが、鹿とともに食用に供されたため、[[にく|肉]]を意味する古語「[[しし]]」が付されて用いられるようになったもの。
 
===={{trans}}====