「臥薪嘗胆」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 日本語 ==
1.悔しさを堪えて再起を期すること。「薪に臥し胆を嘗める」
{{wikipedia|臥薪嘗胆}}
2.日露戦争当時、勝利したにもかかわらず賠償金を獲得できなかった日本政府は、「臥薪嘗胆」を合言葉に国威発揚を行った。
[[臥]] [[薪]] [[嘗]] [[胆]]
'''がしんしょうたん'''
 
=== 四字熟語 ===
1.#悔しさを堪えて再起を期すること。「薪に臥し胆を嘗める」
2.#日露戦争当時、勝利したにもかかわらず賠償金を獲得できなかった日本政府は、「臥薪嘗胆」を合言葉に国威発揚を行った。
 
=== 出典等 ===
*[[春秋時代]]末期、[[呉]]王夫差(ふさ)が、父の[[仇]]である[[越]]の恨みを忘れないよう薪の飢えに寝、越王勾践(こうせん)を破った。策略により許された勾践は、苦い熊の肝を嘗め恨みを忘れないようにし、遂には夫差を破るに至った故事による。「嘗胆」については[[史記]]に記述があるが、臥薪について、夫差のエピソードとされたのはかなり時代が下り、さらに「臥薪嘗胆」と連なった形では、[[宋]]代以降であり、[[十八史略]]等に見られる。日本の国語辞典等で出典を史記とするのは誤り。
 
[[Category:故事成語|かしんしようたん]]
[[Category:四字熟語|かしんしようたん]]