「付録:日本語の発音表記」の版間の差分

差戻し:不正確。音素から音声の表記にしたのかと思ったが[f]や[v]は日本語の音声に無い上に音素の話が消えている。
(122.50.35.41 (会話) による第248485版を取り消し)
(差戻し:不正確。音素から音声の表記にしたのかと思ったが[f]や[v]は日本語の音声に無い上に音素の話が消えている。)
|-
!破擦音
|| || style="border-right:hidden"| || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif;border-right:hidden;border-left:hidden"|ʨ ʥ ʦ ʣ   || style="border-left:hidden"| || || || ||
|-
!鼻音
| style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|  m || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif;border-right:hidden"|  n || style="border-right:hidden;border-left:hidden"| || style="border-left:hidden"| || || || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|  ɴ ||
|-
!弾き音
|-
!摩擦音
|| || ||f v style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|s z || || || || || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|h  
|-
!接近音
|| || style="border-right: f vhiddenhidden"| || style="border-right:hidden;border-left:hidden"| || style="border-left:hidden"| || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|  j || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|  w || ||
|}
 
|-
!狭
| style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|i   || || || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|ɯ ɯː  ||
|-
!<!--(準狭)-->&nbsp;
|-
!<!--(中段)-->
| style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|e &nbsp; || || || || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|&nbsp; o
|-
!半広
|-
!広
|| || style="font:120% {{IPA fonts}},sans-serif"|a &nbsp; || || ||
|}
 
:「が、ぎ、ぐ、げ、ご」の子音。音価{{phone|ɡ}}。語中の多くの位置で{{phone|ŋ}}となり、話者によっては弁別的となる。いずれの場合も閉鎖し切られずに摩擦音となる場合がある:{{phone|ɣ}}, {{phone|ɣ̃}}。
:*鼻音化に就いて、片仮名の発音表記では「゜」を使っている:ニ↗ホンコ゜(日本語)
;{{phoneme|ʨ }}
:「ち、つ」や「チャ」等の子音。音価{{phone|t͡s}}。硬口蓋化子音は{{phone|t͡ɕ}}
;{{phoneme|ʥ m}}
:「じゃじゅじょじぇ」等の子音。
;{{phoneme|ʦ}}
:「つぁつつぉ」の子音
;{{phoneme|ʣ}}
:「づぁづづぉ」の子音
;{{phoneme| m}}
:「ま、み、む、め、も」の子音。音価{{phone|m}}。
;{{phoneme|n}}
:「な、に、ぬ、ね、の」の子音。音価{{phone|n}}。
;{{phoneme|fɴ}}
:平仮名では「ん」と書かれる、[[w:モーラ|モーラ]]的子音。多くの場合、後続の子音と同器官音となり、又硬口蓋化の影響を受ける。
:「ふぁふぃふふぇふぉ」の子音
:*単独或は語末では{{phone|ɴ}}
;{{phoneme|v}}
:*{{phoneme|p}}, {{phoneme|b}}, {{phoneme|m}}の前では{{phone|m}}
:「ヴァヴィヴヴェヴォ」の子音
:*{{phoneme|t}}, {{phoneme|d}}, {{phoneme|tˢ}}, {{phoneme|n}}の前では{{phone|n}}
:*{{phoneme|k}}, {{phoneme|g}}の前では{{phone|ŋ}}
:*{{phoneme|ɽ}}の前では{{phone|ṉ}}
:母音、{{phoneme|s}}, {{phoneme|h}}, {{phoneme|j}}, {{phoneme|w}}等の前では鼻母音となる: {{phone|ɸɯɯ̃íkʲi}}(ふんいき【雰囲気】)
;{{phoneme|ɽ}}
:「ら、り、る、れ、ろ」の子音。話者によって発音が違い、{{phone|ɖ}}, {{phone|ḻ}}, {{phone|l̺}}, {{phone|ɺ}}, {{phone|ɾ}}等がある。
;{{phoneme|ɯ}}
:「う」等の母音。非円唇後舌狭母音。唇音の後や長音ではやや円唇化する。
 
二重母音
:{{phoneme|ai}}
:大工 daik等
:{{phoneme|ae}}
:カエル kael等
:{{phoneme|ao}}
:顔 kao等
:{{phoneme|ou}}
:欧州 ousyuu等 現在では長音と区別しない ousyuuとoosyuuを区別しない
:{{phoneme|ei}}
:帝国 teikok等 現在では長音と区別しない teikokとteekokを区別しない
:{{phoneme|au}}
:這う hau等
:{{phoneme|ie}}
:家 ie等
:{{phoneme|ue}}
:上 ue等
:{{phoneme|oi}}
:甥 oi等
:{{phoneme|ui}}
:杭 kui等
:{{phoneme|io}}
:気温 kion等
:{{phoneme|ea}}
:毛穴 keana等
三重母音
:匂う niou等
:居合い iai等
====母音の無声化====
アクセント核が無く、長母音でもない{{phoneme|i}}や{{phoneme|ɯ}}は無声子音の間でしばしば無声化する ({{phone|i̥, ɯ̥}})。この傾向は、北海道・東北・関東(新潟含む)に著しく、中部・近畿・中四国ではごく弱いが、九州に近づくほど再び強まり九州では強い。ただし、丁寧に(ゆっくりかつはっきり)発音される場合は語末では起きず、音節(モーラ)を区切って発音される場合はまったく起きない。また、同じ位置で摩擦音の後にある場合は発音されない事が多い。ただし、連続して発生する事は殆ど無い。
1,479

回編集