「変格活用」の版間の差分

 
#*[[文語]]には[[カ行]]変格活用、[[サ行]]変格活用、[[ナ行]]変格活用、[[ラ行]]変格活用がある。
 
'''口語'''
{{日本語活用|(語幹)|こ|き|くる|くる|くれ|こい|カ行変格}}
:(適用)「[[くる]]」
 
{{日本語活用|(語幹)|し<br>せ<br>さ|し|する|する|すれ|しろ<br>せよ|サ行変格}}
:(適用)「[[する]]」及びその複合語(「活用する」など)
{{日本語活用|(語幹)|じ<br>ぜ|じ|ずる|ずる|ずれ|じろ<br>ぜよ|サ行変格}}
 
{{日本語活用|(語幹)|じ<br>ぜ|じ|ずる|ずる|ずれ|じろ<br>ぜよ|行変格}}
文語
:(適用)「[[ずる]]」の複合語(「案ずる」など)
 
'''文語'''
{{古典日本語活用|(語幹)|こ|き|く|くる|くれ|こ<br>こよ|カ行変格}}
:(適用)「[[く]]」
 
{{古典日本語活用|(語幹)|せ|し|す|する|すれ|せよ|サ行変格}}
:(適用)「[[す]]」
 
{{古典日本語活用|(語幹)|ぜ|じ|ず|ずる|ずれ|ぜよ|サ行変格}}
:(適用)「[[ず]]」
 
{{古典日本語活用|(語幹)|な|に|ぬ|ぬる|ぬれ|ね|ナ行変格}}
:(適用)「[[しぬ]]」「[[いぬ]](往ぬ)」
 
{{古典日本語活用|(語幹)|ら|り|り|る|れ|れ|ラ行変格}}
:(適用)「[[あり]]」「[[おり]]」「[[はべり]]」「[[いまそがり]]」
 
 
====関連語====