「省」の版間の差分

→‎意義: 三たび~は 「三省」に移動すべきでは?
(呉子)
(→‎意義: 三たび~は 「三省」に移動すべきでは?)
#[[みる]]。
#:「[[省察]]」
#:「退而'''省'''<sub>二</sub>其私<sub>一</sub>、」(退きて其の私を'''省'''<sub>(せい)</sub>するに、)
#::([[:w:顔回|顔回]]が)引き下がってから(私が)彼の私生活を見ると、([[:s:zh:論語/為政第二|『論語』「為政第二」]]二之九)
#:::「省」字を「みる」と訓読する流儀もある。
#'''[[かえりみる]]'''。振り返る。
#:[[反省]][[自省]][[内省]]」、「[[三省]]」
<!-- #:「吾日三省<sub>二</sub>吾身<sub>一</sub>」({{ふりがな|吾|われ}}日に三たび{{おくりがな2|吾|わ|が|わが}}身を{{おくりがな2|省|かり|みる|かりみる}}。)
#::私は毎日三回自分自身をふりかえることにしている。([[:zh:s:論語/學而第一|『論語』「學而第一」]]【一之四】)←「三省」に移動すべきでは?-->
#:「瞻<sub>レ</sub>彼'''省'''<sub>レ</sub>己、此理必定。」(彼を{{おくりがな2|瞻|み||みる}}て己を{{おくりがな2|省|かへり|みる|かへりみる}}に、此の理[[必定]]なり。)
#::他人を見上げて自分自身を振り返ると、このようなことが(自分にも)必ず起こる(ことに気づく)。([[:w:最澄|最澄]]『願文』)
#訪れる。親の安否を夕方にたずねる。(朝にたずねるのを[[定]]という。)
#:「[[帰省]]」、「[[定省]]」
#::(司令官として五番目に大切な)約とは法令が(細かいことを)省略して煩雑でないことである。([[:zh:s:吳子|『吳子』]]「論將第四」)
=====名詞=====
#([[w:律令|律令]]及び[[w:行政組織法|行政組織法]]において)[[仕事]]を行う[[国家機関]]。cf.「[[部]]」
#:「[[w:尚書省|尚書省]]」、「[[:w:文部科学省|文部科学省]]」、「[[:w:厚生労働省|厚生労働省]]」など
#:「蘭省花時錦帳下」([[w:尚書省|蘭省]]<sup>(らんしゃう)</sup>の花の時錦の{{ふりがな|帳|とばり}}の{{ふりがな|下|もと}})
#::(あなたがたが)尚書省にいて、花が咲き誇るころに錦の帳の下にいる(のに対して)(『白氏文集』「廬山草堂雨夜獨宿」)
#[[中国]]および[[ベトナム]]の[[地方]]の区分け。([[w:行中書省|行省]]の略。)
#:「[[:w:省都|省都]]」、「:w:副省級市|」
#:「[[w:福建省|福建省]]」、「[[w:広東省|広東省]]<sup>(カントンしょう)</sup>」、「[[:vi:w:Thừa Thiên - Huế|省承天順化]]<sup>([[:w:トゥアティエン=フエ省|トゥアティエン=フエしょう]])</sup>」など
 
匿名利用者