「省」の版間の差分

(→‎動詞:  「かえりみる」の例文なので問題ないと思います。「三省」になれば「かえりみる」の意が消えるのならば別ですが)
#[[みる]]。
#:「[[省察]]」
#:「退而'''省'''<sub>二</sub>其私<sub>一</sub>、」(退きて其の{{ふりがな||わたくし}}を'''省'''<subsup>(せい)</subsup>するに、)
#::([[:w:顔回|顔回]]が)引き下がってから(わたしが)彼の私生活を見ると、([[:s:zh:論語/為政第二|『論語』「政第二」]]二之九)
#:::「省」字を「みる」と訓読する流儀もある。
#'''[[かえりみる]]'''。振り返る。
#::私は毎日三回自分自身をふりかえることにしている。([[:zh:s:論語/學而第一|『論語』「學而第一」]]【一之四】)
#:「瞻<sub>レ</sub>彼'''省'''<sub>レ</sub>己、此理必定。」(彼を{{おくりがな2|瞻|み||みる}}て己を{{おくりがな2|省|かへり|みる|かへりみる}}に、此の理[[必定]]なり。)
#::他人を見上げて自分自身を振り返ると、このようなことが(自分にも)必ず起こる(ことに気づく)。([[:w:最澄|最澄]]『願文<sup>(ぐゎんもん)</sup>』)
#訪れる。親の安否を夕方にたずねる。(朝にたずねるのを[[定]]という。)
#:「[[帰省]]」、「[[定省]]」
匿名利用者