「熟語」の版間の差分

##* 漢文訓読の際に、2字以上で1個の語とみなされる。『[[w:戦国策|戦国策]]』天帝使我長百獣(天帝 我をして 百獣に 長たらしむ)における「天帝(テンテイ)」「百獣(ヒャクジュウ)」のような語。通常[[音読み]]される。
##* 漢字は結合力が強いので、漢字の結合のすべてが熟語とみなされるとは限らない。例えば、「[[経済政策]]」のような語は、「[[経済]]」と「[[政策]]」の複合であるという認識が強いので熟語であるとみなされにくい。また「抽象思考能力欠落」などの例は、もはや語ではなく、1つのフレーズになっている。
##* 「[[明日]]」([[あした]])、「[[玩具]]」([[おもちゃ]])のように漢語に1語の和語をあてた、いわゆる[[熟字訓]]も、「みょうにち」「がんぐ」などと読めば熟語の一種であといえる。
## 「[[つきあかり]]」(月明かり)、「[[うみかぜ]]」(海風)のような[[和語]]同士の複合語、あるいは「[[場所]]」(ばショ)、「[[夕刊]]」(ゆうカン)のような和語と漢語の[[複合語]]も熟語とみなすことがある。
# (言語学)[[idiom]]の訳語。[[慣用語]]、[[慣用句]]、[[成句]]とも。
#* 複数の要素で構成され、全体で1つの意味をなす表現。日本語における「[[鼻が曲がる]]」([[くさい]]という意味)など。
#* 日本の[[英語]]教育においては[[英熟語]]と総称され、“[[put up with]]”のような[[句動詞]]、“[[on account of]]”のような[[群前置詞]]を含む。なお、“[[government]]”のような複数の[[形態素]]からなる語や、“[[ice cream]]”のような綴り上で[[分かち書き]]が行われる語は、文法的には1単語であるため、通例、熟語とみなさない
 
===={{etym}}====
** 語義2 [[熟字]]、[[駢字]]、[[複語]]、[[複合語]]、[[合成語]]
** 語義3 [[慣用語]]、[[慣用句]]、[[成語]]、[[成句]]、[[イディオム]]
* {{prov}}: [[漢熟語]]、[[漢字熟語]]、[[漢語熟語]]、[[英熟語]]、[[四字熟語]]、[[故事熟語]]、[[熟語辞典]]
 
===={{trans}}====
52

回編集