「物品」の版間の差分

 ①農産物(米など)②工業製品(車・時計など)③天然物(原油・石炭など)等々を、取引対象として捉えたときに物品と呼ばれる。
* [[特定]]の形を有する[[物]]。
 [<br /[物質]]とは特定の形を持たない[[物]]である。特定の形を持つ物を称して[[物体]]と呼ぶことがある。これに対して、物品とは人の活動により[[物質]]に形を与えた[[物]]である。<br />
 物体は[[物質]]からなり、物品は[[物体]]又は[[物質]]からなる。<br />
*[[カプセル]]に入れられるか包装された物質と包装(カプセル)そのもの全体を指す。[この定義は国土交通省海事局検査測定課が公表した「物質の危険性評価の試験方法および判定基準」(平成10年7月8日付け海査339号)の記述に基づく。]
4

回編集