「感」の版間の差分

* 筆順 : [[image:{{PAGENAME}}-bw.png|350px]]
===字源===
* [[会意形声文字|会意形声]]。「[[心]]」+音符「[[咸]]」、「咸」は「[[戌]](←[[戈]]+[[一]])」+「[[口]]」の会意文字で、武具で脅して口を閉じさせるの意であり、「[[緘]]」の原字で、「感」は口を閉ざすほどの心理的に強い衝撃の意([[w:藤堂明保|藤堂]])。又は、神器に武具をあわせ神威を得るの意([[w:白川静|白川]])。
 
===意義===
#自らの意思に関わらず、[[自然]]と[[認識]]されること。