「アラム語」の版間の差分

+{{言語コード}}
(iwiki +hu:アラム語)
(+{{言語コード}})
[[category:{{ja}}|DEFAULTSORT:あらむこ _あらむご]]}}
{{wikipedia}}
__TOC__
==日本語==
=={{jpn}}==
[[category:{{ja}}|あらむこ あらむご]]
[[カテゴリ:{{jpn}}]]
[[category:{{ja}}_{{noun}}|あらむこ あらむご]]
{{言語コード|-|-|[[arc]]|-}}
[[category:{{ja}}_言語名|あらむこ あらむご]]
===名詞{{noun}}===
[[カテゴリ:{{jpn}}_{{noun}}]]
'''アラム語'''
[[カテゴリ:{{jpn}}_言語名]]
#紀元前500年~600年頃に[[シリア]]地方、[[メソポタミア]]で話された、[[セム語派]]の言語で、系統的には[[フェニキア語]]や[[ヘブライ語]]、[[ウガリト語]]などと同じ[[北西セム語]]に属す。[[紀元]]前後のパレスチナにおける共通語であり、[[w:イエス・キリスト|イエス]]は西方アラム語の方言を話したと考えられている。多くは[[アラム文字]]([[シリア文字]])で表記されたが、ユダヤ教関係のものは[[ヘブル文字]]で書かれた。言語コード(ISO 639-2/RA) A3:[[arc]]。
'''アラム[[]]'''(アラムご)
#紀元前500年~600年頃に[[シリア]]地方、[[メソポタミア]]で話された、[[セム語派]]の言語で、系統的には[[フェニキア語]]や[[ヘブライ語]]、[[ウガリト語]]などと同じ[[北西セム語]]に属す。[[紀元]]前後のパレスチナにおける共通語であり、[[w:イエス・キリスト|イエス]]は西方アラム語の方言を話したと考えられている。多くは[[アラム文字]]([[シリア文字]])で表記されたが、ユダヤ教関係のものは[[ヘブル文字]]で書かれた。言語コード(ISO 639-2/RA) A3:[[arc]]
 
===={{trans}}====
5,495

回編集