「省」の版間の差分

「定省」変更、等。トーク参照。
(「定省」変更、等。トーク参照。)
 
===意義===
<!--(括弧内は『広韻』、外は『平水韻』に従う。一致する場合括弧は記さず。)-->
====A: <!--上声梗(静)韻-->====
===== {{verb}} =====
#よく[[みる]]。よくみる
#:「[[省察]]」
#:「退而'''省'''<sub>二</sub>其私<sub>一</sub>、」(退きて{{おくりがな2|其|そ|の|その}}{{ふりがな|私|わたくし}}を'''省'''<sup>(せい)</sup>するに、)
#::([[:w:顔回|顔回]]が)引き下がってから(わたしが)彼の私生活を''よくみる''と、<span style="font-size:smaller;">([[:s:zh:論語/為政第二|『論語』「爲政第二」]]【二之九】)</span>
<!--#:::「省」字を「{{おくりがな2|省|み|る|みる}}」と訓読する流儀もある。-->
#<span id="kaerimiru">'''[[かえりみる]]'''</span>。振り返る。
#:「[[反省]]」、「[[自省]]」、「[[内省]]」、「{{ふりがな|[[三省]]|さんせい}}」<!-- 読み方によって意味がことなる -->
#:「吾日三省<sub>二</sub>吾身<sub>一</sub>」({{ふりがな|吾|われ}}日に三つ{{おくりがな2|吾|わ|が|わが}}身を{{おくりがな2|省|かへり|みる|かへりみる}}。)
#::私は毎日三つのことについて自分自身を''ふりかえる''ことにしている。<span style="font-size:smaller;">([[:zh:s:論語/學而第一|『論語』「學而第一」]]【一之四】)</span>
#::<span style="font-size:smaller;">([[:w:朱子|新註]]による解釈。これに対して日本における伝統的な解釈では「吾れ日よる書き下しについては[[たび吾が身を]]の項目をご覧ください。なお、送りがなは「みる」でも「る」のみでも可い。)</span>
#:「瞻<sub>レ</sub>彼'''省'''<sub>レ</sub>己、此理必定。」(彼を{{おくりがな2|瞻|み||みる}}て己を{{おくりがな2|省|かへり|みる|かへりみる}}に、此の理[[必定]]なり。)
#::他人を見上げて(以上のことを観察したあとで)自分自身を''振り返''(って観察す)ると、このようなことが(自分にも)必ず起こる(ことに気づいた)。<span style="font-size:smaller;">([[:w:最澄|最澄]]『願文<sup>(ぐゎんもん)</sup>』)</span>
#たずねる。訪れる。<!--親の安否を夕方にたずねる。(朝にたずねるのを'''[[定]]'''という。)-->
#:「[[帰省]]」、「[[定省]]」
 
<!--====BC: 上声梗韻====-->
=====B: {{verb}} =====
 
#<span id="habuku">'''[[はぶく]]'''</span>。
#:「約者法令'''省'''而不<sub>レ</sub>煩。」(約は法令{{おくりがな2|省|はぶ|き|はぶく}}て{{おくりがな2|煩|わづら|はしから|わづらはし}}ず。)
#::(司令官として五番目に大切な)約とは法令が(細かいことを)''省略して''煩雑でないことである。<span style="font-size:smaller;">([[:zh:s:吳子|『吳子』]]「論將第四」)</span>
 
=====C: {{noun}} =====
#([[w:律令|律令]]並びに[[日本]]及び[[朝鮮民主主義人民共和国|朝鮮]][[w:行政組織法|行政組織法]]において)[[仕事]]を行う[[国家機関]]。その名は「~省」と名付けられる。また、省の長官を「[[相]]」などと呼ぶ(これ以外の呼び方については「[[相]]」を参照。)。なお、日本及び朝鮮の「省」にあたるものを、[[中国]]、[[マレーシア]]、[[シンガポール]]、[[韓国]]及び[[ベトナム]]では「'''[[部]]'''」という。
2,747

回編集