「いのしし」の版間の差分

この著書は奄美方言について書いているので、もっと違うのはありませんか?
(この著書は奄美方言について書いているので、もっと違うのはありませんか?)
'''いのしし'''【[[猪]]、[[豬]]、[[野猪]] 歴史的仮名遣い:ゐのしし】
 
#[[ウシ目]]([[偶蹄目]])イノシシ科イノシシ属に属する[[動物]]の総称。一般には、野生種のものを指す。[[学名]][[Sus scrofa]]。[[子]]は{{ふりがな|瓜|うり}}のような縞があるため[[うりぼう|瓜坊]]や[[うりこ|瓜子]]<!--岡村隆博 [http://books.google.co.jp/books?id=Q11b7r4O5zkC&pg=PA39&lpg=PA39source=bl&ots=4LQN9162Mu&sig=fArpgYBy-WFqCVXW0eePZtOnUoQ&hl=ja&sa=X&ei=g3q5U4rnDIaulAWJCA&ved=0CEcQ6AEwCg#v=onepage&q&f=false 奄美方言―八つの島の五つの言葉七つの呼名 カナ文字での書き方]--><!--これではちょっと、まずいかも。この著書は奄美方言について書いているので、地の文であっても、いわゆる共通語かどうか疑問に思います。もっといい出典はありませんか?-->という。また、その[[にく|肉]]を[[牡丹]]、古くは古くから山鯨(やまくじら)という。
#[[十二支]]の一つ。[[い]]、[[亥]]を参照。
 
2,747

回編集