「いのしし」の版間の差分

重複削除。また広辞苑か。
(重複削除。また広辞苑か。)
'''いのしし'''【[[猪]]、[[豬]]、[[野猪]] 歴史的仮名遣い:ゐのしし】
 
#[[ウシ目]]([[偶蹄目]])イノシシ科イノシシ属に属する[[動物]]の総称。一般には、野生種のものを指す。[[学名]][[Sus scrofa]]。[[子]]は{{ふりがな|瓜|うり}}のような縞があるため[[うりぼう|瓜坊]]や[[うりこ|瓜子]]<!--広辞苑「いのしし」の項-->という。また、その[[にく|肉]]を[[牡丹]]、古くは古くから山鯨(やまくじら)という。
#[[十二支]]の一つ。[[い]]、[[亥]]を参照。
 
2,747

回編集