「巫」の版間の差分

字源、意義
(r2.7.3) (ロボットによる: hu:巫を追加)
(字源、意義)
* 筆順 : [[image:{{PAGENAME}}-bw.png|350px]]
===字源===
* 『[[形声文字|形声]]』。工(降ろす)の転音が音を表し「くだす」を意味する。人人は[[召]]の略字で、巫女が声を上げて神を呼ぶ招魂ことで[[巫祝]]の意。また巫女が舞う時の両袖からの象形という説もある。
* <!-- 『[[象形文字|象形]]』、『[[指事文字|指事]]』、『[[会意文字|会意]]』、『[[形声文字|形声]]』、『[[会意形声文字|会意形声]]』。-->
{{字源}}
 
===意義===
#みこ。かんなぎ。[[舞楽]]を催し[[神降ろし]]を行って[[祈祷]]をする女。
#
#[[医者]]。
#[[巫山]](山の名前)。
[[Category:漢字|ふ ぶ]]
 
 
===={{prov}}====
*[[巫女]]。
 
*[[巫匠]]。
*[[巫医]]。
*[[巫祝]]。
*[[巫術]]。
*[[巫呪]]。
*[[巫蠱]]。
*[[巫山之夢]](ふさんのゆめ)。
=={{zho}}==
[[Category:{{zho}}|wu1]]
匿名利用者