「付録:日本語の発音表記」の版間の差分

→‎子音: 多くない
(→‎子音: 多くない)
:「が、ぎ、ぐ、げ、ご」の子音。音価{{phone|ɡ}}。語中の多くの位置で{{phone|ŋ}}となり、話者によっては弁別的となる。いずれの場合も閉鎖しきらずに摩擦音となる場合がある:{{phone|ɣ}}, {{phone|ɣ̃}}。
:*鼻音化について、片仮名の発音表記では「゜」を使っている:ニ↗ホンコ゜(日本語)
;{{phoneme|ts}}
:「ち、つ」や「チャ」等の子音。音価{{phone|t͡s}}。硬口蓋化子音は{{phone|t͡ɕ}}。
;{{phoneme|m}}
;{{phoneme|Q}}
:現代かなづかいで「っ」と記される。後続子音を長子音とし、先行の音節末かつモーラ的な形態となる。
:欧米では一般にこれを声門閉鎖{{phone|ʔ}}としていることが多いが、実際には、後続の子音と同じ内破音(入声ともいう)がモーラを形成するに足る時間継続されているもの{{phone|p̚ˑ, p̚ʲˑ, t̚ˑ, t̚ʲˑ, k̚ˑ, k̚ʲˑ, s̚ˑ, ɕ̚ˑ}}である。内破音自体は、後続の子音と異なる子音がありえることを除き、周辺の{{ko}}、{{ain}}にも存在し、珍しくない。(日本語の声門閉鎖は一般に単語の最初の母音の前でしか起きない。即ち{{phone|ʔi, ʔe, ʔa, ʔo, ʔɯ}}。)
*国際音声記号の発音表記では、これを(後続子音を含めて){{phone|p̚p, p̚ʲpj, t̚t, t̚ʲʨ, k̚k, k̚ʲkç, s̚s, ɕ̚ɕ}}、または単に{{phone|pp, tt, kk, ss, ɕɕ}}とした。