「聖」の版間の差分

 
===意義===
#[[きよらか]]。通常の人間より[[品格]]や[[道徳]]が[[すぐれる|優れて]]おり、[[宗教]]的に特別扱いで[[崇敬]]を受けていること。
#:[[聖人]]、[[聖哲]]、[[聖徳]]、[[神聖]]
#:対義字:'''[[穢]]'''(けがらわしい。宗教的に特別扱いで軽侮を受けていること)
#:*対義字:'''[[世間]][[一般]]に属せず、'''(けがらわしい。宗教的に特別扱いされで軽侮を受けていること
#宗教に関係するものとして[[特別]]扱いされていること。
#:対義字:'''[[俗]]'''(世間一般の)
#:[[聖餐]]、[[聖職]]、[[聖地]]、[[聖誕祭]]
#:*対義字:'''[[俗]]'''(世間一般の、宗教に関係しない
#[[ひじり]]。[[宗教]]的・道徳的に崇敬されている者。
##徳の高かった[[キリスト教]]の教徒に対する敬称。
##:「聖イグナティオス」
#[[偉人]]。優れた功績を遺した人物。
#:[[詩聖]]、[[楽聖]]
 
[[Category:漢字|せい]]
匿名利用者