「仮借」の版間の差分

「仮借(かしゃく」に「仮借(かしゃ)」を参照せよとあるだけ。「仮」の項目では「かりる。仮借(かしゃ)」「許す。仮借(かしゃく)」とよみわけている、等。
(かしゃくもじ、の大辞泉の例が見つけられません。どの見出し語の所にあるか、しめしてくださいませんか?)
(「仮借(かしゃく」に「仮借(かしゃ)」を参照せよとあるだけ。「仮」の項目では「かりる。仮借(かしゃ)」「許す。仮借(かしゃく)」とよみわけている、等。)
==={{noun}}===
[[Category:{{jpn}} {{noun}}]]
{{jachar|仮|借|文|字}} ([[仮借]][[文字]] かしゃもじ / かしゃくもじ)
# [[漢字]]の造字法のひとつで、ある漢字を同音の別の意味を有するものに当てはめて用いたもの。[[六書]]のひとつ。
#*「[[我]]」は元は「のこぎり」の象形文字で、そのような刃物を意味したが、後に、音が通ずる「[[われ]]」の意味に用いられるようになった。
2,747

回編集