「少年」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''[[少]] [[年]]'''([[しょうねん]])
#[[とし|年]]の[[わかい|若い]][[ひと|人]]。[[青年]]よりも[[年少]]で、主に[[男子]]を指す。
#:'''少年'''は、不機嫌に顔をしかめて、/「僕の事じゃないか。僕は、きのう迄、良家の家庭教師だったんだぜ。低能のひとり娘に代数を教えていたんだ。僕だって、教えるほど知ってやしない。教えながら覚えるという奴さ。そこは、ごまかしが、きくんだけども、幇間(ほうかん)の役までさせられて、」ふっと口を噤(つぐ)んだ。(太宰治『乞食学生』昭和15年)
#:十五歳の詩は全く十五歳の感傷に終始してゐるし、十六歳の最初の詩は甚だ厭世的であるけれども、それは形が厭世的であるだけで深さも鋭さも全く十六歳の'''少年'''そのものである。鋭い狙ひもない。いはば彼のこの時代は'''少年'''詩人的な好奇心がすばらしく旺盛であるだけである。感覚も平凡であるし神経はむしろ鈍い。(坂口安吾『神童でなかつたラムボオの詩--中原中也訳『学校時代の詩』に就て--』1934年)
#男の子。男児。
#:[[二階]]の[[まど|窓]][[から]]、[[おばあさん|オバアサン]]と[[はたち|二十]][[前後]]の[[むすめ|娘]]と[[小学生]]の'''少年'''が[[て|手]]を[[ふる#動詞: 振る|ふっ]]て[[むかえる|迎え]]ている。([[w:坂口安吾|坂口安吾]]『[http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42958_35649.html 発掘した美女]』)
2,747

回編集