日本語編集

名詞編集

(ふそう ほたると なる)

  1. 七十二候の一つ。芒種次候(日本・略本暦)。腐った草が蒸れ、ほたるとなるの意。螳螂生の次、梅子黄の前。なお、中国・宣明暦では大暑初候にあたり、芒種の次候は鵙始鳴である。