日本語編集

慣用句編集

赤子あかごひね(ねじるとも)

  1. 非常弱々しい赤ん坊の手は簡単にひねってしまえることのように、造作ない、簡単なことの例え
    • はるばるわが金の国から、織物、陶器などを持って来て、この蒙古の 黒貂、羊皮、砂金などと交易するのは、まるで赤子の手を捻るような掴み取りだ。(林不忘 『若き日の成吉思汗 ――市川猿之助氏のために――』)