漢字編集

字源編集

  • 会意形声。「金」+音符「(薄く平たい)」、原義は、薄く平たい大針(「w:説文解字」)、後に、その形状の刃先を具えた矛の一種を指すようになるが、槍の発展とともに消滅。それとともに、この文字も使用されなくなる。後世になって、現代中国において「皮(pí)」の音から「ベリリウム」に、現代日本において、その精錬過程の形状から、溶鉱炉で融解すると底に沈む不純な硫化物に当てられた。

意義編集

  1. (古義)薄く平たい刃物。
  2. (現代中国)ベリリウム
  3. (現代日本)かわ、溶鉱炉で融解すると底に沈む不純な硫化物。

日本語編集

発音(?)編集

名詞編集

  1. かわ、溶鉱炉で融解すると底に沈む不純な硫化物で、レアメタルなど有価物を含む。マット

対義語編集

熟語編集

中国語編集

*

発音(?)編集

名詞編集

  1. ベリリウム

熟語編集

朝鮮語編集

*


熟語編集

コード等編集