字源

編集
  • 象形。人の頭を強調したものに足をつけた様。
   

 

 

 
甲骨文字 金文

簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義

編集
  1. 人の頭部
  2. 冊子状のものの一枚一枚の紙。ページ
    • 近現代中国語で、紙を数える助数詞である「」と同音(yè)であり、漢籍で用いていたものが伝わった。
類義字

日本語

編集

発音(?)

編集

名詞

編集

ページ

  1. ノートなどの冊子での片面
  2. 転じて、小説などの分量。
    • 」の下巻を活字に植えて見たらが足りないから、もう少し書き足してくれと云う。(夏目漱石 『「吾輩は猫である」下篇自序』)

接尾辞

編集
  1. ケツページなどの紙面数える助数詞

熟語

編集

中国語

編集

*

接尾辞

編集

(yè)

  1. ページなどの紙面数える助数詞

関連語

編集

朝鮮語

編集

*


ベトナム語

編集

*



コード等

編集