キクユ語編集

異表記・別形編集

発音編集

  • IPA(?): /mòheǎ/, /mòhèá/
Benson (1964) における声調クラスの分類は「クラス2」である[2]
  • 〔キアンブ方言〕
  • 〔リムル方言〕湯川 (1981:82) によると孤立形は [mòhèà] で、後ろに ũyũ〈この〉が続く場合も [mòhèà òjó]、後ろに wakwa〈私の〉が続く場合も [mòhèà wáákóá]、後ろに がある場合も [mòhèà né] であるが、前に がある場合は [né móhèà]、前に ti がある場合は [tì móhéà] となるなど、前後に他の語が存在するか、存在する場合はどのような種類の語であるかによってアクセントの変動が見られる[3]。なお、ti の高さについてはリムル方言と同じくキアンブ方言に属するナイロビ方言を調査した湯川 (1985:199) で高いと訂正されている[4]。湯川 (1981) では kĩnyathĩmũkamaingitĩmbogomũhĩagĩkwa(複数: ikwa)、mwĩrĩmũiru(複数: airu)、ndiricakĩrobotoirurumĩ(複数: marurumĩ)、mũhikionjohinyũmbagĩtandamũriyũrũbũa(複数: mbũa)、kĩongomwendwagĩcũnũnũthwariga などは同じアクセントの型に分類されている[3]

名詞編集

hĩa クラス3(複数: mĩhĩa

  1. モロコシ (wp)高黍唐黍ソルガム (Sorghum bicolor)。

関連語編集

名詞(句):

脚注編集

  1. 『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会 編、養賢堂、1996年、第4版、509頁。 ISBN 4-924395-03-X
  2. Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press.
  3. 3.0 3.1 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  4. 湯川恭敏 (1985).「キクユ語名詞アクセント再論」 『アジア・アフリカ言語文化研究』29, 190-231.