古典日本語編集

成句編集

  1. 三輪(の山)」又はその別称であった「三室」「三諸」にかかる枕詞
    • うまさけ三輪の社(やしろ)の山照らす秋の黄葉(もみち)の散らまく惜しも(長屋王 万葉集巻八-一五一七)

語源編集

  • 大三輪神社が酒の神とされることからか。大三輪神社の祭神は大物主神であり、直接に酒造の神とされているわけではないため、この枕詞から酒の神とされた可能性もある。なお、「みわ」自体も酒又は酒器を意味する古代語である。