日本語編集

名詞編集

すもう相撲角力

  1. の状態でまわしをつけた二人の力士土俵の中に入り素手で戦い、相手を土俵の外に出すまたは土俵の中で倒す武道
  2. (多く「おすもう」「おすもうさん」の形で)相撲取り。力士。
    • そこへ一隻の舟が著いて、中から江戸の相撲が大勢出た。香以が物めずらしさに顔を見ると、小結以上の知人もいた。相撲は香以を認むるや否や頷き合って進み寄って、砂の上に平伏した。(森鴎外「細木香以」)

翻訳編集