日本語編集

語源編集

スコットランド人の数学者で、対数を発明したジョン・ネイピア(1550-1617)にちなむ。

名詞編集

(ネイピアすう)

  1. (1+1/n)nのnが正の無限大に近づく時の極限で、約2.71828182846。無理数かつ超越数である。記号e自然対数の底