利用者:MysteryPedia/Terms/相互リンク

ここで述べる相互リンクとは、巷に謂う相互リンクの範疇に当て嵌まるものだが、筆者の造語である。この観念は境界が定まっているとは言い難いが、好例としては、筆者が自筆の「ウィクショナリー史稿」を葵の御紋として用いる際に顕著である。まず、この文書の中でWiktionary:ボット/使用申請に対するリンクを貼り、それに付随する詳細を書き記しておく。次に、Wiktionary:ボット/使用申請でも、「ウィクショナリー史稿にある通り...」とあらかじめ書いておいた詳細を参照するように促す。この時点で計算機科学の用語としての相互リンクが成立しているが、さらに文脈的な意味で相互を密接に関係付けているという点でも、いわば2つの意味でリンクしている。さらに、Wiktionary:ボット/使用申請で新たに起こった事象についても文書側から言及することで、その関連はますます深まる。有り体に言えばこれが相互リンクなのだが、単に批判などのための手法に留まらず、もっと単純化し得る概念だと言える。